コラーゲンは効果なし!医学的根拠がない衝撃の理由とは?

30代以降になると肌のコラーゲン含有量が減ってきます。すると、小じわが目立ってきます。ほうれい線や肌のたるみなども目立ってきます。

ゴルゴラインなどは「頬のへこみ」がコラーゲンと筋肉量が減ってくることで目立つ老化のサインです。

そこでコラーゲンのサプリメントが人気です。しかし、気になるのは医学的根拠。エビデンスです。

本当にコラーゲンには医学的根拠があるのでしょうか?

 

経口摂取したところでコラーゲン効果なし!

コラーゲンのサプリメントは、豚コラーゲンやペプチドコラーゲンが出回っています。豚コラーゲンは低価格で量産することが容易です。

そのためペプチドコラーゲンよりも低価格で購入できます。しかしコラーゲンをサプリメントで経口摂取したところでコラーゲンが肌内部で増加するという効果はありません。

特に豚コラーゲンペプチドなどには、そのような医学的統計データもありません。

 

フィッシュコラーゲンペプチドの医学的統計

しかし近年フィッシュコラーゲンペプチドの医学的統計データで「コラーゲンの経口摂取」による効果について評価する統計結果が発表されました。

 

2009年には、1日5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、30歳以上の被験者に肌の角質の水分量上昇が見られました。
2014年には、1日5g、もしくは2.5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、45歳~65歳の被験者のシワ改善がみられました。

ただし、ここでいわれているのはペプチドコラーゲン」です。ペプチドコラーゲンとは、肉、魚などの骨や皮に含まれるコラーゲンに加熱を加え、ゼラチン状に変化させたあと、さらに酵素分解によって小さくしたものです。
分子量が小さいため水に溶けやすく、身体への吸収性も高いことが特徴です。現在ドリンクなどに配合されているものの多くは、このコラーゲンペプチドであるようです。

また、コラーゲンが血中に吸収される時、そのほとんどはアミノ酸になってしまうといわれてきましたが、最近の研究では、コラーゲンペプチドの一部はペプチドのまま血中に吸収され、血流にのって体をめぐり、弾力を保つ命令をだしているらしいことがわかってきています。

引用: 天使のララ口コミ評判

 

コラーゲンにも複数の種類がありますが、なかなか摂取するのが難しいフィッシュコラーゲンペプチドにおいてのみ医学的エビデンスが新たに出てきたのです。

 

コラーゲン以外(ボトックス、プラセンタ)の医学的根拠

コラーゲンの他に美容クリニックなどで重宝されているのがボトックス注射とプラセンタ注射です。しかし、ボトックスは経過が悪くかえってシミやシワ肌の凹みなどを悪化させる症例が出ています。

プラセンタ注射は低価格で受けられる成長因子お肌内部に直接注入するアンチエイジング美容法で、ヒトプラセンタ由来のアンプルの注射は特に効果が高いと評価を得ています。

しかし、「植物由来」のプラセンタは本来プラセンタが意味する『人の胎盤』という定義から大きく外れ、全く効果のない代物が出回っています。

例えば『植物由来のプラセンタ』というのは、人間の胎盤とは全く関係のないものですので、効果の医学的根拠がありません。

 

コラーゲンは魚由来コラーゲンを

コラーゲンの場合は「豚コラーゲン」ではなく「フィッシュコラーゲン」ペプチド含有のサプリメントであれば個人差があるものの統計的エビデンスがあります。

コラーゲンの含有量よりも、重要なのはフィッシュコラーゲンペプチドであるかどうか?ということです。

約1ヶ月ほど試してみて「肌の変化」をテストしてみることは統計データからもおすすめです。