ゴルゴラインを消す方法を暴露!

ゴルゴラインとは頬できたる凹みラインのことで、漫画ゴルゴ13のデューク東郷の顔にあるラインが語源になっています。

ゴルゴラインは年齢を経てから現れる場合が多いのですが、子供でもゴルゴラインがくっきりと出ている人もいます。その場合、年齢を感じさせる印象を与えることがありません。

実は「肌に張り」があれば老けた印象を与えないのがゴルゴラインの特徴です。

目尻の小じわやコラーゲン不足による肌のハリ不足。毛穴が目立つとより老けた印象になります。

 

ゴルゴラインを消す方法

マッサージでゴルゴラインを解消する方法があります。ゴルゴラインは頬の上の部分に走る「筋肉繊維」が凝り固まっていると、むくみが現れ頬に「くぼみ」が出てきます。

一説では「表情筋」が緩んで頬が垂れてきたからゴルゴラインが現れるという説もありますが、むくみが原因になっているという説を唱える医師もいます。

これはゴルゴラインが現れる原因に個人差があるということです。むくみが原因である場合はむくみを解消することでゴルゴラインを消すことができます。

 

ゴルゴラインを消す整形

ゴルゴラインを消す整形として、プチ整形の「ヒアルロン酸注射」が使われることが多いです。 ヒアルロン酸は、人体の細胞に存在しているムコ多糖類の一種です。

細胞どうしよう連結する機能があり、約1gで6Lの水分を保有できる保水力があります。肌の内側からハリのある肌を実現します。

効果の持続期間は約3ヶ月前後。長くて1年です。料金は1本2万円から4万円前後です。

ボトックス注射のようなリスクの心配が少ない美容法で、皮下注射による美容法として今最も人気の美容法です。

ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違い

筋肉に働きかけシワを消すのがボトックス注射です。

しわの溝を肌の「内側の水分量を増やす」ことでシワをなくすのがヒアルロン酸注入です。

 

 

ゴルゴラインを消すサーマクール

その他肌内部のコラーゲン量を増やす美容法として「サーマクール」や「ウルセラ」が使われています。サーマクールとウルセラの効果は約半年程度です。レーザーは肌内部に照射し、皮下組織のコラーゲン生成量を増加させる美容法です。肌内部で増加したコラーゲンが肌のシワ、ほうれい線、ゴルゴラインを内側から改善する効果が期待できます。

サーマクール「1回」の照射料金は範囲で異なりますが、約15万円から50万円と高額です。

しかも、半年程度しか効果が持続しないので、維持費用が大変という問題点があります。

 

ゴルゴラインを消すダーマローラー

ダーマローラーは肌内部のコラーゲン生成量を増加させる海外でも人気の美容法です。ゴルゴラインに限らずほうれい線しわ小じわの改善に効果的です。

ヒトプラセンタなどの「成長因子」と組み合わせて使うことで、さらに高い効果が期待できます。

年齢に比例して肌内部のコラーゲン生成量が減少していきます。それをカバーする美容法としてダーマローラーは自分で行える美容法としては最も魅力的です。

小じわ解消だけではなく、ゴルゴラインの改善にもおすすめの美容法です。

ダーマローラーの効果的な使い方には、いくつかのコツと注意点があります。

>> ダーマローラーの使い方

 

ゴルゴラインにおすすめのコラーゲン

目尻の小じわほうれい線ゴルゴラインの改善、予防にコラーゲンがおすすめです。コラーゲンはフィッシュコラーゲンペプチドが臨床試験で効果が実証されています。

こちらはサプリメントで気軽に摂取することができるので、ゴルゴラインの予防改善にとどまらず小じわやほうれい線の予防改善にオススメです。

>>コラーゲンは効果なし?フィッシュコラーゲンペプチドとは?

 

ただし、コラーゲンの摂取のみでは、劇的な効果は期待できず、ゴルゴラインにお予防や、目尻などの小じわ改善までと考えてください。やはり、肌の奥深くの部分のコラーゲンをパンプアップさせるレベルでなければゴルゴラインまでは改善は難しいのが現実です。

本気でゴルゴラインを改善したい場合は、上記の美容整形でも「ヒアルロン酸注射」がお手軽です。

また、肌の角質層レベルからコラーゲンを爆発的に増加させる美容法として、ダーマローラーがあります。

海外で開発された美容方法ですが、日本でも一気に普及してきました。美容クリニックで施術を受けることもできますが、1回で5万円くらいが相場となっています。

しかし、自分で使って効果を実現することができるのが、ダーマローラーの魅力です。ご家庭でのセルフ利用においても劇的な効果が期待できます。

 

【痛くない】ダーマローラーの正しい使い方